now loading...

先輩インタビュー|日本経済新聞グループの映像制作会社|株式会社日経映像の採用・求人サイト

ディレクター 清松明弘

「番組づくりは幸せな仕事」
家族の声を励みに

ディレクター 清松明弘

写真

入社のきっかけは?

映像業界を志したのは、大学時代の出来事がきっかけ。学園祭の実行委員をしていた私は、新入生歓迎会用の動画を作ることになったのですが、その動画を見た新入生から「おもしろかったです」と言われ、映像で人の心を動かす魅力を知りました。日経映像に入社する決め手となったのは、報道番組を希望していたから。日経新聞グループで働く安心感もありましたし、『ガイアの夜明け』や『カンブリア宮殿』など、自分が好きだった番組をつくっている会社ということで、親近感も湧きました。

入社から現在までの仕事は?

入社してすぐ、『モーニングチャージ』(テレビ東京)という、朝の経済情報番組を担当しました。スタジオのフロア業務や、編集助手、取材先のアポ取りや、ロケ車の運転などが、主な仕事でした。AD(アシスタント・ディレクター)という立場ではありましたが、プロデューサーから「企画書があれば、どんどん出してね」と声を掛けてもらい、実際に採用された企画もあります。うれしかったですね。

入社して2年目にマーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの担当になり、昼の生放送番組のディレクターに。いきなり任されるのではなくて、徐々にステップアップ出来るよう、先輩が丁寧に指導してくれました。
現在は、『日経プラス10』(BSテレ東)という番組で、ニュースディレクターをしています。私の母や祖父は一番身近な視聴者ですが、番組を見てくれて、会うと色々な感想を言ってくれるのが、励みの一つになっています。

写真

仕事で心がけていることは?

AD時代に心がけていたのは「わからないことは、とにかく聞く」。専門用語や、仕事の流れをつかむコツ。とにかく何でも先輩に聞いていました。番組の全体像を理解しないと、どうして注意されるのか、なぜ、自分がこの仕事を任されているのか、が見えてきません。「言われたから動く」受け身の仕事になってしまうのです。わからないことは、何でも聞いて、早く自分のものにする。先輩たちと同じ目線で仕事をするためには不可欠なことだと思います。構成を考える時やインタビュー取材の時も、漫然と構えているのではなく、先輩ディレクターの制作意図を理解して、自分なりに能動的に動くようにすれば、周りからの信頼も高まって、仕事を任せてくれるようになると思います。

写真

番組を制作する喜び

旅行や山登り好きで、自分自身、テレビ番組を見て休日の過ごし方を決めることが少なくありません。夏季休暇が取得できるので、好きな番組で見た絶景を求めて、海外まで行ったこともあります。同じように、自分たちの作った番組を見て、視聴者が何かを考え、行動するきっかけになっているとしたら・・・そう考えると、番組づくりって、とても幸せな仕事だと思います。

ディレクター清松明弘

ディレクター 清松明弘
入社
2016年
前職
新卒
出身校
獨協大学
出身地
埼玉県
趣味
バックパッカー、登山、野球観戦、運動、読書
好きな言葉
新しい情報を多くの人に伝えたい

先輩インタビューINTERVIEW

PAGE TOP